トイレつまりの修理依頼は意外とお手頃

トイレのつまりの原因になりえるものって何

トイレのつまりの原因になりやすいものには何がありますか。携帯や鍵など、うっかりポケットから落ちてしまったもの、トイレットペーパーの芯や生理用ナプキンなど本来は流してはいけないもの、粗悪品で溶けにくいトイレットペーパーなどがあります。
あと主婦のあるあるで案外多いのが、「トイレに流しても大丈夫」と謳っているトイレ便座を拭くペーパーです。床が便座を掃除した後は流して大丈夫だとは書いてあっても、トイレの古く、詰まりやすいパイプだったりすると詰まることがあるので要注意です。一度や二度であれば流れるのですが、溶けきれずパイプの奥に年月をかけて溜まっていくと、ある日流れなくなるかもしれません。万一のためにゴミ箱に捨てておられる主婦も少なくありません。
またトイレのつまりの意外な原因が「節水」です。一回に流れる水の量を減らそうと、意図的に水を入れたペットボトルなどをタンクの中に入れておられる節約上手な主婦の方もおられるでしょう。しかしこの水は排泄物を流すのに十分な水として計算されているため、少量の水では流しきれず、つまりの原因になることがあります。詰まったら一度タンクに入れたペットボトルを取り出し、お湯で異物を溶かしたりラバーカップで圧をかけたりしてみましょう。それでもダメな場合は専門業者に修理を依頼するのが得策です。

トイレのつまりを業者に依頼すると相場は幾らか

トイレのつまりに困ったら、あなたはどの専門業者に修理を依頼しますか。家族でどこに電話するか情報は共有していますか。いつ起こるかわからないトラブルですので、24時間対応している、近所で信頼できる会社を一つ二つピックアップしておき、冷蔵庫などみんなの目に触れやすい所に電話番号を貼っておくと良いかも知れません。
トイレのつまりの状態や深刻度は様々ですので、多くの業者が漠然とした値段表しか挙げていません。例えば「何円から」といった具合です。いくつかの業者の値段を比較したところ、平均で5000円~8000円ほどです。便座を外すような深刻な問題の際は10000円以上するとのことでした。一生のうち数回しか出くわさない問題ですので、相場が良くわからず、言い値で支払ってしまう場合が多いでしょう。特にトイレの故障は緊急事態で、早く解決してほしい一心で他の業者との比較もせず支払ってしまうかもしれません。
しかし決して安い値段ではありませんので、問題が起こる前の余裕があるうちに、一度近所のエリアにいくつかある水道トラブル修理業者を調べ、比較し、信頼できそうなところを選んでおくといいかも知れません。問題が起こっていなくても価格や相場、見積もりなどを電話で尋ねることもできます。日ごろから準備しておけば、突然のトラブルにも焦らず対処できます。

new information