トイレのつまりは自分で修理するより業者の方がおすすめ

トイレのつまりは早めに修理を頼んでおこう

トイレのつまりは、どの家庭でも経験した事だと思います。トイレは毎日使う場所ですし、つまるとかなり大変です。そして、トイレのつまりを解消する為には専門業者に修理を依頼するのが一番安心な方法です。
トイレのつまりぐらい自分で直せると思っている人も多いと思いますが、そんなに簡単ではありません。もしも失敗すれば更につまりがひどくなりますし、修理をしてもらうにしても、かなりの費用を必要とするかもしれません。確かに、トイレがつまったと言うのは嫌なものです。特に一人暮らしの女性ならなおさら嫌です。
しかし、トイレのつまりが長引けば、当たり前ですが生活に支障が出てしまいます。それに、相手は専門業者の人です。安心してお任せしても大丈夫です。そして、トイレがつまったら、出来るだけ早く専門業者に依頼をしましょう。時期やタイミングにもよると思いますが、場合によってはすぐに来てくれないかもしれません。その為、後回しにはしないで出来るだけ早めに修理を依頼しましょう。その時に、どういう状況なのかも説明しておくと良いでしょう。事前に説明があれば対応も早く、工事時間も早めに済みます。トイレは日常的に使うものなのでいち早い修理が重要です。

トイレのつまり焦らない!まず一人で出来ることは

トイレのつまりは焦ります。特に家に一つしかトイレがない場合、トイレのつまりは死活問題です。まずは専門業者に修理を依頼する前に、自分で出来ることがないか考えましょう。排泄物やトイレットペーパーといった、当然溶けて流れるものであっても一度に流す量が多いと詰まることもあります。
これらの詰まりはちょっとした工夫で流れる場合があるので試してみる価値はあります。まずは60度くらいのお湯を沸かします。水に流れにくいティッシュペーパーを流してしまった場合や溶けにくいトイレットペーパーを使用している場合はお湯を便器に入れ、ふたをし、詰まっているものをふやかすという方法があります。少し時間を置いてから流してみましょう。すいすい流れるようであればこれで解決です。それでもだめならラバーカップ、いわゆるスッポンを使います。
これはカップの中で真空の状態を作り、詰まっている異物を押し戻していく方法です。押す際はゆっくり、引く際は素早く、繰り返し行います。1~2回で諦めてはいけません。数十回行ってスッキリ流れる場合もあります。根気が必要です。それでもダメなときは専門業者に修理を依頼するのが良いでしょう。故障は急にやってきます。前もってトイレが故障したらどこに電話するか調べておき、家族で情報を共有しておくと良いでしょう。

new information